キーパーソンインタビュー一覧

株式会社カクヤス
執行役員 商品本部長 片山礼子

http://www.kakuyasu.co.jp/

katayama.jpg
‘88年4月 株式会社日興証券(現 日興コーディアル証券)入社
‘91年9月 同退社
‘92年12月 株式会社ミスミ入社
‘06年4月 株式会社ミスミのフード事業部を独立会社とし、100%子会社の株式会社ミクリードを設立し、社長を務める
‘07年10月 株式会社カクヤスが株式会社ミクリードを買収 親会社が変更となる
‘08年6月 株式会社ミクリードを株式会社カクヤスが吸収合併し、食材事業本部とし本部長を務める
‘09年3月 商品本部に食材事業本部を包含し、執行役員 商品本部長となる

 

目標を持ってステップアップしていきたいと考えているような人と一緒に働きたいです。その目標が、私達と共有できる先にあってくれたらいいなと思います

Q:片山さんは、大学を卒業後、大手証券会社で法人営業を経験された後、大手一部上場企業の商品企画を中心に多岐に渡ってご活躍後、会社代表を経験され、実績を残されてきました。一年半ほど前に、代表であったフード事業がカクヤスと合併をし、現在に至っているというお話を聞いております。カクヤスに入られてみて、いかがですか?

片山氏(以下K):前職では色々なことを細部まで分析して、業務を組み立てていくということを学びましたが、カクヤスは、社長はもちろんですが、役員もお客様が何を求めているかということを大事にしている経営陣なので、数字も大切にしながらお客様感覚を学ばせてもらっています。

Q:カクヤスの良いところと、今後変わっていかなければいけないと感じているところは、どのようなところでしょうか?

K:仕事を確実に遂行していく機動力があるところは良いと思っています。なので、社員一人一人が、今自分がやっている仕事が、今後のカクヤスにとってどういう意味があるのかということを考えながら、ビジネスを組み立てていくとことができるようになると、もっと大きな力になると思うんです。それには、まず私達役員がそのことの意味をわかりやすく噛み砕いて伝えていき、理解してもらうことが重要だと思っています。
そして、各部署がお互いの意見を戦わせるようになるくらいまで成長し、店舗、営業、商品、この三つの部隊が連携をとり、世の中の動き、お客様のニーズを把握した上で、どのようなものを売っていきたいか、メーカーとどのように交渉をしていくか、きちんと戦略を立てられるように、この1、2年でいかに変われるかが勝負だと思っています。

Q:片山さんが統括されている商品本部は、お酒と連動して、食品事業に力を入れていらっしゃいますが、今後はどのように事業を進めていきたいとお考えですか?

K:お酒を飲むときは必ず何かを食べると思いますが、今のカクヤスは、まだまだ食の扱いが少ないので、お客様はカクヤスでお酒を買った後、コンビニへおつまみを買いに行くというケースが多いかと思います。そこを今後は、お酒に関わるものだったら何でも扱えるようにしていきたいです。お酒と食の連動を含めて、私が今回責任者となった商品本部を改革していくことで、会社全体の改革にも繋がるのではないかと考えています。

Q:片山さんは、今のカクヤスにはどのような人が向いていて、片山さん自身は、どのような人と一緒に働きたいと思われますか?

K:カクヤスには、高いスキルを持ち、キャリアを築いてきた方も必要ですが、それよりも、働くことを楽しいと思える人、将来の目標や、目指すべき姿があって、そのためにステップアップしていきたいと考えているような人が向いていると思います。その目標が、私達と共有できる先にあってくれたらいいなと思いますし、私自身も、そういう人と一緒に働きたいです。

Q:逆に、こういうタイプの人は向かないというのはありますか?

K:カクヤスは、今まさに過渡期ですので、方向性が変わることもあります。でもそれは会社にとって良いと思うから変えているので、そこを理解できずに、「なぜ、変えてしまうのか?」と批判的になって立ち止まってしまう人は難しいと思います。最終的な目標が同じであれば、行き方は色々な方法があるというふうに、柔軟に考えられる人が向いていると思います。

Q:片山さんにとって、仕事とはなんでしょうか?

K:常に新しいものを吸収し、成長できる場所が職場であり、それを通して何かを得ているのが仕事です。
私自身、家族が皆、自営業という環境で育ったせいか、自分も常に経営の目線で会社を見ています。真剣に取り組めば取り組むほど、大変だと感じることもありますが、この壁を乗り越えることができたら自分は成長できる、という強い意志を持つことと、将来のビジョンを常に持つように心掛けています。

 日時:2009年3月16日(月)
形式:株式会社カクヤス 片山氏・スピリッツ 河野 対談

株式会社スピリッツは、20代・30代で転職、海外で仕事をしたい方を支援致します。