キーパーソンインタビュー一覧

株式会社ファーストリテイリング/ユニクロ
韓国営業チーム ゼネラルマネージャー 金子雄一郎

http://www.fastretailing.com/jp/

kaneko01.jpg
大学卒業後、大手建材メーカーに入社。
営業職を4年半経験後、2000年8月、ファーストリテイリングに店長候補として入社。
大田大鳥居店店長、田園調布店店長、北海道地区スーパーバイザーを経験後、現在は韓国の営業チームでゼネラルマネージャーを担当。

商売に評論家はいらない。経営に必要なのは実行して結果をだすことであることをこの会社で学びました

社長と店舗が非常に近い会社。決定までのスピードがとても心地よいです

Q:金子さんは、8年前に建材メーカー営業からファーストリテイリングに転職されましたが、ファーストリテイリングに入社を決めた理由は何だったのでしょうか?

金子氏(以下K):実家が商売をやっていまして、もともと、コンシューマービジネスに興味がありました。そしてできれば、年齢性別関係なくさまざまな人を対象にした商売がいいなと。
そんな時、自宅近くにあったユニクロのお店に立ち寄る機会がありました。お客様が楽しそうにお買いものをされている姿を見て興味を持ち、さっそくユニクロのサイトを見たところ、ちょうど中途採用の募集があったので、勢いで応募しました(笑)。

Q:実際に入社されてみて、どうでしたか?

K:実際に入社してみて感じたのは、いい意味で「泥臭い」風土で、自分に合うなということでした。自分にとって「泥臭い」というのは、「根っからの現場主義」という意味です。現場で起こっていることを理解しなければ、市場が何を望んでいるのかわからない。そういう商売の本質というものをしっかり学ばせてくれる会社だと思いました。
経営者になるためには、現場感覚を持つことが大事だということを知りました。
例えば、自らトイレ掃除をする。やらないとスタッフの気持ちもわからないし、その重要性もわからない。そういう小さな一つ一つの積み上げが商売であって経営であること。
戦略を立案することが経営ではなく、積み上げること。商売に評論家はいらないんです。
すべては、現場から。
まだまだ勉強中ですが、それが学べる会社でよかったと思っています。

Q:現場主義を感じる、具体的な事例はありますか?

K:いろいろありますが、一つは、社長と店長・店舗が非常に近い関係であるということです。
現在の弊社の規模くらいになってくると、店長が社長に直接メールを送ってコミュニケーションを取ることがなかなかできなくなってくると思うのですが、弊社は珍しくありません。社長自身が現場を第一に考えている人なので、それが店舗にも伝わってきます。非常に近い存在という気がします。いつも見てもらっているという気になります。
もう一つは、本当に実力主義だということですね。若くても、認められた人は任せてもらえます。自分も入社して1年で店長になりました。自分が入社したときは26歳だったのですが、そのときの上司でスーパーバイザーの人は、自分と同じ歳でした。若いうちからそれなりの規模の店や業務や組織を任せてもらえることで、成長も早くなるような気がします。
それから、決定までのスピードの速さでしょうか。提案したことが、なかなか上司まで辿りつかない会社、時間がかかる会社が多いと思うのですが、弊社はそういう環境とは無縁ですね。実際、自分が店長時代に提案した改善案を、上司が反対したにも関わらず、購買部を巻き込み、推し進めて、現在では、全店で当たりまえになっているツールなどもあります。その風通しのよさ、スピード感がたまらなく現場主義を感じて、とても心地よいです。

Q:店長を数年経験されたあと、スーパーバイザーになり、仕事に対する考えややり方は変わりましたか?

K:スーパーバイザーになってすぐに、人のマネジメントに関して失敗をし、とても勉強になりました。店長やスタッフに任せきれずに考えさせることをしないままトップダウンでなんでも仕切ってしまっていた。信用していなかったわけではないんですが、店長やスタッフからすると信用されていないと感じたんだと思います。
2ヶ月経っても、店の売上もオペレーションもなかなか改善しない。良くならないのはどうしてなんだろう?と一生懸命考えました。
それは、自分のトップダウンというやり方は、「自分は責任者である」という自覚をもった「店長」という立場の人から、やる気を削いでしまっていたのだ、ということに気づきました。

Q:原因に気がつき、マネジメントのやり方を改善し、結果がすぐ見えましたか?

K:おもしろいように、店の状況がよくなってきました。
また、次のステップとして、異なるエリアのスーパーバイザーを任せられました。前回、人のマネジメントについて学んでいたので、今度は数字分析をして、店や人のマネジメントを学びました。

世界一になることを目標としている弊社なので、海外で経験することも、自分にとっては当たり前の決断でした

Q:店長、スーパーバイザーと順調に昇進し、現在ユニクロ韓国の営業ゼネラルマネージャーということで、25店舗を統括する営業トップですが、韓国でチャレンジしようと思ったのは何故ですか?

K:店長時代に、上海店の出店のための中国人スタッフの研修を受け持ったことがあります。その時に、言葉や文化の違う国の人たちと同じ目標を目指して、一緒に作り上げていくという仕事が楽しい、そういう事業をやってみたいと思いました。そして、たまたま韓国事業のスタッフ社内公募があったので、迷わず手を挙げました。それが例え他の国でも、手を挙げていたと思います。

Q:海外に行って仕事がしたいという気持ちは、昔からあったのですか?

K:本気で考えるようになったのは、ファーストリテイリングに入ってからですね。弊社で仕事というものを理解していくうちに、この仕組みを海外で展開していきたいと思ったんです。
私が言っている仕組みというのは、弊社が掲げている経営理念とか、商売の原点を意味しています。弊社の経営理念や商売の原点をさまざまな国で1から10まで植えつけていきたいと思っています。
世界一になることを目標としている弊社なので、海外で経験することも、自分にとっては当たり前の決断でした。

Q:韓国事業に立ち上げから参加して、失敗や苦労はありましたか?

K:失敗ばかりでした。はじめは、日本での店舗オペレーションをそのまま移植しようと思っていました。それでは通用しないことが、当初はかなり多くありました。
商売の原点を変えることなく、一つ一つその国のマーケットに合わせてオペレーションを改善していくことに力を使いました。

Q:現在は、韓国の営業チームゼネラルマネージャーとして、営業のトップを担っていますが、具体的には、どのような業務なのですか?

K:早期に韓国国内で100店舗体制を実現するという経営目標があり、それに向けた営業戦略を作成しています。現在の店舗数で行っているオペレーションと、100店舗になったときにオペレーションは異なります。店舗数が増えてもオペレーションに混乱が起きないように戦略に盛り込んでいきます。
日本でスーパーバイザーだった頃は、どうしても、2~3ヶ月先、長くても半年先の戦略しか立案できなかったのですが、今は、1年2年は当たり前。5年後のことを考えながら動いているので、非常に楽しいです。先を見据えて、今やるべきことに落としていく。それが、繋がっていく。それを体感できることが楽しくて仕方がありません。

Q:韓国事業100店舗目標以外に、金子さんが韓国事業で目標としていることはありますか?

K:韓国のカジュアルスタンダード=ユニクロを実現したいですね。韓国の人に「カジュアルといえば?」と聞けば、当たり前のように「ユニクロ」と答えてもらえるようになりたいです。
それから、韓国の従業員の人たち、みんなに幸せになって欲しいです。人事制度ももっと改善し、また、女性がもっと活躍できるような環境をつくりたい。
また、ユニクロが韓国市場で活躍することによって、韓国の市場も活性化できるように貢献できれば嬉しいと思っています。

仕事は自己表現の場。会社の部下たちが幸せと感じる会社をつくることが自分の自己表現です

Q:どんな人と一緒に働きたいと思っていますか?

K:一つは謙虚な人、そして自己責任を負える人です。
実際、営業スタッフの採用をやっていますが、謙虚な人か、自己責任を負える人かを見て採用しています。今まで多くの部下を見てきましたが、実際成長しているのは、謙虚な人です。表面的で調子のよい人は、伸びない。
もう一つは、常に考えることができる人。常に現状を否定して、もっと成長しようと考える人。そういう人と一緒に働きたいし、そういう人が弊社には合っていると思います。

Q:金子さんにとって仕事とは何ですか?

K:自己表現の場です。だから、一番「素」でいられるところだと思います。それができるのは、このファーストリテイリングです。自己表現ができなくなったら、会社に貢献できていないということなので、その時は去る時だと思っています。

Q:金子さんのいう仕事での自己表現とは、具体的にどういうことをすることなのですか?

K:会社の部下たちが、幸せと感じる会社、職場をつくっていくことです。働いている本人にはもちろん、幸せだと思ってほしいし、その家族にも思って欲しいです。そういう職場の環境作りをしなくてはいけないと思うし、それが自分の自己表現の形であり、目指す姿です。

日時:2008年12月19日(金)
形式:株式会社ファーストリテイリング 金子氏・スピリッツ 河野 対談

株式会社スピリッツは、20代・30代で転職、海外で仕事をしたい方を支援致します。